金利の変動

ドメインとサブドメイン・ディレクトリ型それぞれの使い方

独自ドメインを取得すると、その他の使い方も気になりますよね?

ドメインの中には、サブドメインとディレクトリ型のドメイン。
それぞれに使い方がありますので、ちょっと解説しておきますね。

 

 

 

以前の記事でも書いているんですが、ドメインを取得するポイントは、
自分のブログのテーマに合わせたドメイン名を選ぶこと。
ドメインはWEB上の住所なので、世界に1個だけです。
ドメインの取得方法 ワードプレスの下準備

 

 

ドメインの構成は、こんな感じですね。

 

 

 

ドメインを取得し、サーバーにドメインを追加して初めて、
そのドメインを使うことができます。

 

ドメインの中でも、

  • サブドメイン型
  • ディレクトリ型

があります。

 

 

サブドメインについて

サブドメインの構成は、こんな感じです。

 

 

ドメイン構成

 

自分のドメインに対して、好きな名前をもう一つ追加することによって、
ドメインを構成するという感じです。

例えて言うならば、自分の本体ドメインの親戚みたいなものです。

 

この形式は、無料ブログサービスでも多く使われていますね。

 

例えば、SeeSaaブログとはFc2ブログは個のサブドメイン型です。

 

サブドメインは、メインドメインと同じように別ドメインと
見られるようです。

 

新規ドメインをたくさん取得してもいいですが、
コストがやっぱりかかりますよね?

 

ちょっとたくさん取得できないなーっていう時は、
サブドメインで、カバーしてもいいかもです。

 

本体のドメインに追加することで、(サーバー会社によって、追加の方法が違うかも?)
すぐに使えるようになります。
もりろん、ワードプレスのインストールも可能です。

 

本体ドメインが強くなると、サブドメインも親戚なので、
ちょっと強くなったりしますよ^^

 

ディレクトリ型ドメインについて

ディレクトリ型ドメインというのは、本体ドメインに対して、
ドメインを間仕切り(/)をして使うドメインです。

こんな感じね。

 

ディレクトリ型

 

ドメインの下層に名前を付けて、分けています。

例えるなら、本体ドメインに対しての子供みたいなもの。

 

子供なので、こちらも幾つも作ることができます。
こんな感じで・・・・

 

ディレクトリ型構成

 

無料ブログだと、アメブロはディレクトリ型のドメインです。

 

サブサイトは、メインサイトの下にくっつく感じです。

 

なので、メインサイトが強くなれば、必然的にサブサイトのドメインも強くなっていきます。

 

どうやって、追加すればいいかというと、メインサイトの下層に、
フォルダを作成し、その中にサイトを作っていく感じです。
※ワードプレスは、インストールできません。

 

 

サイトを量産する方であれば、1ドメインに対して、
複数のサイトを管理できるということです。

 

 

ただ、どうやって使い分けるか?というと・・・・・
こんな感じの目安で分けるといいかも!!

メインサイト(ドメイン)に対して、
サブドメインは、別サイトとみなされるのだけれども、
本体サイトと別テーマや違うコンテンツを作成するときには、
サブドメインを使う。

本体サイトのテーマをより詳細なコンテンツを作る時は、
ディレクトリ型を使う。

 

こんな感じで、分けるといいかもです。

 

 

サブドメインも、ディレクトリ型も、メインサイトとは
実は密接な関係性があるので、メインドメインを取得する場合と同じように、
関連性のある、名前を付けることを心がけましょう。

 

 

参考になれば、嬉しいです。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ