金利の変動

賢威SEOテンプレート タグの使い方とは?

賢威もそうですが、ワードプレスの使い方として、
重要なものがタグです。

タグを有効的に使って、記事を書くことをお勧めします。

 

 

 

タグですが、記事投稿の部分についていますよね。
右側の横っちょに・・・・

 

 

これ、ちょっと見過ごします!!私がそうでした。

 

記事を書くときって、重要なのが記事タイトル。

 

以前の記事でも書いているんですが、
SEOテンプレートを活かすためには、この記事タイトルってとっても大事!!
記事タイトルで検索エンジンにインデックスされます。
賢威テンプレート活用方法 記事タイトルが重要ポイントです。

 

 

記事タイトルには、キーワードを含めましょう!!

 

これは、基本的なことですよね。

 

ですが、実は私も昔は本当に理解していませんでした。
キーワードを入れて・・・と思っていも、
なかなかできずにいましたが、意識すれば簡単に出来るようになります。

 

 

キーワードを意識しすぎるのも、記事タイトルとしてはどうよ!!
って思うところもあるかもしれませんが、

  • 記事にキーワードを含める(左側ね)。
  • 32文字以内に記事タイトルを収める。
  • 解りやすい記事タイトルを付ける。

このことは、トップアフィリエイターのマメボーWさんから
教わったことです。

 

これを常に頭に入れて、私は実践してきました。

 

最初は、本当に大変だったけれども、
実践していけば、ちゃんと検索エンジンンの上位表示できるようになります。

 

 

物販アフィリエイトも、情報商材アフィリエイトも、
この基本は同じことだと思います。

 

記事タイトルのつけ方と、記事の書き方でブログって変わってきます。

 

もう一つのポイントは、

 

タグです。

 

記事投稿の右側のカテゴリーチェックの下にありますよね。
こんな感じ。

タグ追加画面

 

ここの部分に、タグを入力して追加できるようになっています。

 

記事投稿におけるタグの使い方は、とっても重要!!

 

そもそも、記事投稿におけるタグとはなんでしょう?

 

メインの記事に対して、キーワードを割り当てる機能がタグです。

 

どういうことかというと、個別記事は書く内容によって、
キーワードがそれぞれ違うと思います。

 

 

例えば、このブログを例えるならば、賢威テンプレートの記事を書いているんですが、
内容的には、カスタマイズのことであったり、テンプレートの使い方であったり、
その記事によって、違いますよね。

 

ブログに対してキーワードと、記事に対してのキーワードを分けるというイメージです。
ちょっと理解できますかね?

 

個別の記事の書き方ですと、記事タイトルをキーワードを入れて書きますね。
同じキーワードでもいいですし、属性(ターゲット層)に向けたキーワードであれば、
記事タイトルのキーワードとは、ちょっと違ってきますね。

 

その使い分けができるんです。
ちょっと便利でしょう?

 

使っていなかった人、非常にもったいない!!
ぜひとも、記事を更新するときはタグを設定してください。

 

もちろん、過去記事でもタグを設定していない記事は、
タグを追加して更新をかけるだけでOK!!

 

ブログの見直しの際にはとっても、役立ちます。

 

タグを付けるメリットとしてはもうひとつ。
やっぱり検索エンジンでもタグでインデックスされることもあります。

 

検索エンジンで、検索した方が探していたキーワードに関して、
興味があればその一覧を見たいなーって、思いますよね。

 

タグは、【タグラウンド】としてサイドバーに表示も可能です。
沢山のタグを使っている方は、見た感じではちょっと・・・・と思うかもしれません。

 

私の場合は、表示はさせていませんが、
タグが少ない方は、表示させるのもいいかもです。

 

 

そのタグから、他のページを読んでくださる方もいるので、
PVアップや滞在時間が増えるかもです。

 

記事下にも、その記事のタグを表示させることができます。
このブログでは、表示させないように設定しているんですが、
これもどちらでも構いません。

 

ただ、記事投稿の時はその記事を強めるために、
タグをつけることをお忘れなく。

 

多過ぎてもいけないので、1個から5個くらいまででいいかと思います。

 

私の場合は、3個くらいまでにとどめています。

 

SEOテンプレートならば、ある程度コードなどで、
SEO対策が出来ているので、個別記事に関しては、
タグをつけしっかりキーワード選定をしていけば、
検索エンジンの上位表示を目指せますよ!!

 

記事の書き方も、テンプレートの使い方の一つです。

 

しっかりやって設定していきましょう。
 
 
 

※カスタマイズや設定に困ったら、
メールで質問してくださいね。

 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ