金利の変動

賢威6.1レビュー 固定ページの使い方とは?

賢威が5から6.1になって、とっても便利になったことのひとつとして、
固定ページの使い方もあります。

固定ページとは、どんな感じでしょうか?

 

 

ワードプレスのレイアウトは、

  • トップページ
  • 個別ページ(通常の記事のページ)
  • 固定ページ

という風に分けることができます。

 

トップページは、このブログで例えると、
メインの画像があり、「最新記事情報」が表示されてある部分、
みなさんが、メニューからトップとクリックすると、表示されるページのことです。

 

個別ページとは、通常の記事が見えるところです。
検索エンジンからアクセスがあるとすれば、だいたいが、
この個別記事から見ていただくことになります。

 

固定ページとは、このブログでいうと、
サイトマップであったり、特典のページだったりがそれにあたります。

 

賢威6.1になって、ちょっと便利だなーと感じたのが、
個別ページ・固定ページのカラム数を変更できるところです。

 

どういうことかというと、
通常のレイアウト、このブログでいうと、
2カラムのレイアウトになっています。

メインとする記事があって、サイドバーがあるのが2カラムですね。

 

通常だと、このレイアウトは変更できません。
(テンプレートによるかと思います)

 

そのままに見えるわけですが、
今回6.1に変わって、このレイアウトの変更が、
自由に出来るようになったんです。

 

固定ページも同様に、賢威5の場合は、カラムレイアウトの変更ができませんでした。

 

なので、1枚のページの方がいいなー
って思っても、レイアウトはそのまま。
例えば2カラムだったら、固定ページを設置しても2カラムのままでした。

 

 

でも、サイドバーを取ったほうがいいなーと思ったら、
投稿画面で、サイトバーを表示させないと設定できるようになりました。

 

サイドバーがない、固定ページはこんな感じです。

9月限定豪華特典キャンペーン

 

なんか1枚のサイトのようなページになるでしょう?

 

 

ただ、ちょっとデメリットも・・・

 

 

1枚なので、そのままの幅がページ全体になります。
なので、ちょっとバランスをとるのが難しいかも?

 

 

賢威6.1になって、ベースのテンプレートを作成する時、
テンプレートメーカーを利用しますね。

 

その時に、全体幅を設定できるようになったんです。
全体の幅が狭いなーと感じたら、幅の変更するところで
全体幅(980pxとか)を設定すると、記事幅・サイドバーの幅を
自動で計算してくれて、ベースのテンプレートを作ってくれます。

 

これ、とっても便利なんですが、
固定ページを1枚で・・・と考えると、幅をあまり広くすると、
バランスが難しいです。

 

左から記事を書き始めるので、なんか間延びするっていうか・・・

 

全部を真ん中に指定してあげないと
バランスが取れないかもです。

 

ただ、画像の大きいものなどはとっても映えますね^^

 

かっこよく見えます。

 

固定ページの使い方は、私のように問い合わせは、サイドバー付とか、
サイトマップは、1枚で・・・など、
決めてから作るといいですね。

 

後から変更もできますので、固定ページを作り込む場合は、
カラム数や表示などの見せ方も考えるといいです。

 

固定ページだけで、インデックスされる場合もあるので、
作り方を工夫すると、アクセスアップにも繋がります。

 

役立つページをまとめるのに固定ページは便利です。

見る側に配慮した、ページ作成を心がけてくださいね。

 
 

SEOテンプレート賢威6.1の詳細は、
こちらから!!→ 賢威6.1特典付きレビュー

 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ